駅馬は重神殺の1つです。

 

 

年支や日支からとるのが一般的ですが、月支からとる術者もいます。

生の十二支の冲にあたる支を指します。

寅午戌なら寅が生の十二支ですので、駅馬は申です。

これは、寅午戌が駅で、そこを走る馬を意味しています。


この構造と似ているのが、咸池で、

 これも、年支や日支からとるのが一般的ですが、月支からとる術者もいます。日干からとれば沐浴ということになります。

寅午戌なら卯が沐浴ということで、卯を咸池とします。

 咸池はエネルギー旺盛です。異性的な欲求の象意があります。恋愛、結婚の問題があります。



もう一つ、この構造と似ているのが、 華蓋で

 墓にあたります。

寅午戌支ならば、戌が華蓋にあたります。

 学芸、宗教、聡明という象意があります。墓の内向的な蓄積された特色を現しています。



神殺は、このように支の構造的関係を示すものがいくつかあります。