私の四柱推命は、中国の文献研究を重視しません。

フランスの哲学者ロラン・バルトが、文学作品を分析するときに作者の死を唱え、作者の人生や思想を考えずに、その作品のみを純粋にとらえて、評したのと似ています。

共時的に、その構造を分析する点では、構造主義の哲学を応用した方法で、研究を進めています。

四柱推命は、世界的に流行していますが、今、ちょうど、変革期にあり、劉泊温の「滴天髄」から静止していた歩みをさらに一歩踏み出す機運を高めています。

古来の研究成果は貴重ですが、その域から出ずにいるのは、文献学の域をでません。

歴史を捨去し、その構造に着目した研究方法を推奨します。