エトワールの四柱推命ブログ

四柱推命の研究成果を記載しています。

四柱推命では、月柱蔵干の変通星で看る職業適性は、相当な効力があります。

また、スポーツアスリートのほとんどは、身旺です。

このあたりが四柱推命の得意とする範疇です。 


四柱推命の教えるこの世の始まりは、

グレゴリオ暦紀元前4197年1月29日(日曜日)

です。

以下



グレゴリオ暦紀元前2937年1月23日(土曜日)


グレゴリオ暦紀元前1677年1月18日(金曜日)

グレゴリオ暦紀元前417年1月12日(木曜日)


グレゴリオ暦844年1月6日(水曜日)


グレゴリオ暦2104年1月1日(火曜日)


グレゴリオ暦3363年12月27日(月曜日)


と循環します。


グレゴリオ暦4623年12月21日(日曜日)

には、新しい時代を迎えるか、終末を迎えます。




通説の黄帝開国六十干支暦の起点グレゴリオ暦紀元前2697年2月5日(火曜日)は、甲戌日となり、甲子日でも、日曜日でもありません。


この世の始まりはこのようにできています。


卓球界の魔王と呼ばれた今世紀最強チャンピオンの呼び声高い中国の張怡寧と霊長類最強女子と呼ばれる吉田沙保里の命式です。二人は同じ日に生まれています。


女性 1982105 火曜日

 

壬戌戊 傷官 印綬 冠帯  

己酉辛 偏印 比肩 長生  

辛酉辛    比肩 建禄  


日柱の空亡:子丑

張怡寧は、1999年、16歳のとき世界選手権アイントホーヘン大会で準優勝し、20031月に世界ランキング1位となりました。2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得します。2005年の世界選手権上海大会でも優勝します。2008年北京オリンピックで優勝し、2大会連続でオリンピックの金メダリストとなりました。20031月から200911月までほぼ世界ランキング1位を維持し続け、2009年世界選手権シングルス優勝後、香港の48歳の企業家と結婚し、国際舞台から遠ざかっています。


吉田沙保里は、1999年の世界カデット選手権で優勝し、2000年、2001年の世界ジュニア選手権を2連覇、2002年アジア大会で優勝し、世界選手権でも優勝しました。2003年も世界選手権、ワールドカップと立て続けに優勝し、2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得します。2008北京オリンピックで優勝し、2大会連続でオリンピックの金メダリストとなりました。


その後、2012
ロンドンオリンピックで優勝し、3大会連続でオリンピックの金メダリストとなりました。2015年の世界選手権で優勝、世界大会16連覇、リオデジャネイロオリンピック順優勝と今も活躍しています。




活躍の過程が酷似しています。

↑このページのトップヘ