エトワールの四柱推命ブログ

四柱推命の研究成果を記載しています。

相性は、木→火→土→金→水の関係です。

この関係を構造化して、通変という考え方を示したところが、四柱推命の優れたところです。

これを生気と退気に分けて、生気は食傷、退気は印としたわけです。

食神と偏印、印綬と傷官が、相反することは自然なか流れです。



木と木、火と火、土と土、金と金、水と水を比和といいます。

これを構造的に通変として定めたところが四柱推命の優れたところで、比肩、劫財となります。

相生と比和が、すべての基本ですので、これを正しく理解するところから始めることが大切です。

中国殷の王の名前には、例外なく干がついています。

1 10の部族があった。
2 生まれた日の干をつけた。

の2説ありますが、真偽は不明です。

干を重視していたことは間違いありません。

↑このページのトップヘ